テクノ環境機器ブログ
2017 / 12   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , trackback
Pageview

Online Status

Profile
http://techno-k.com

Menu

RSS & Atom Feed
テクノ環境機器ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新着情報
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新製品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
広告
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack

«« 塗料販売からステンレス塗装へ 【循環経済新聞】 | main | 裏庭の池でトンボが羽化 »»
«« カテゴリ内前記事(油分解の細菌を商品化へ 【中国新聞】) | 新着情報 | カテゴリ内次記事(塗料販売からステンレス塗装へ 【循環経済新聞】) »»
2008/07/17
光合成細菌 油分を分解 【中国新聞】
水質浄化に知恵
光合成細菌 油分を分解 【中国新聞】 環境、工業用機器販売のテクノ環境機器(広島市西区)は今月、光合成細菌を使って水中の油分を分解する水質浄化剤を発売した。従来の浄化剤に比べ、油分を含むヘドロの分解速度が約2倍速く、効果が約2カ月間続くのが特徴。養鯉場向けを中心に、初年度売り上げ約1000万円を目指す。
 細菌は光合成細菌の一種ロドバクターで、広島国際学院大(安芸区)の佐々木健教授(バイオ環境化学)が効果を発見。細菌を寒天質のアルギン酸塩に混入して直径約1.5センチの球体に成形することで、菌が水中にゆっくり溶け出すシステムも考案した。水温20%xで生息でき、淡水池などで水底にたまったヘドロに含まれる油分を分解する。
 同社は四月、細菌とシステムの使用権を取得して商品化に取り組んでいた。養鯉場では通常、水中に酸素を循環させるポンプがあり、浄化剤に含ませた菌が拡散しやすく、浄化効果が高いとみて販売に踏み切った。浄化剤は五百ミリリットル入りで水量50トンまで対応し、価格は1万290円。

【写真説明】テクノ環境機器が発売した水質浄化剤
posted at 2008/11/25 6:51:19
lastupdate at 2009/02/18 22:42:44
修正
 
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks